ブログ

茶の十徳「心の平常と抗ウイルス性」

香十徳のようなものがお茶にもあると聞いた。

お茶の十の徳ってなんだろう

お茶の世界には喫茶するその効用を説いた十ヶ条からなる徳があります。

では、茶十徳とは。(山本園より引用)

「我が国に茶の種を持ち込んだ茶祖である栄西禅師の弟子にあたる開祖・明恵上人が、京都の栂尾高山寺の庭に茶の種を蒔き、お茶を飲むことの効用を『十ヶ条』に著し、広めたことに由来するといわれています。

明恵上人は茶の湯釜の側面にお茶に関する十の徳を刻み、茶の効用を説いたといわれています。
お茶は日本仏教はゆかりがあり、お茶を飲めば健康で長生きでき、神仏に護られて穏やかに臨終を迎えられることが説かれています。お茶を点てて神仏や御霊にお供えすることを献茶といいます。お茶が古くから仏事や法事に用いられたのには、このような意味があるからです」

茶十徳

一  諸佛加護

お茶は強く根をはり、一年中緑を保ちます。その生命力があなたを守ります。

二  五臓調和

お茶に含むタンニンやアミノ酸等の成分が、体のバランス維持を受持ちます。

三  孝養父母

お茶の深い味わいは、素直な心を育て父母への感謝の精神を植えます。

四  煩悩消除

お茶の深い味わいは、わずらわしい世事の疲れを忘れさせます。

五  壽命長遠

お茶は養生の仙薬ともいわれ、毎日を元気に暮らすことができます。心に煩悩なく身に病気さえなければ、日々の仕事に精励でき寿命も長くなります。

六  睡眠自除

お茶は神経の機能を活発にし、頭脳と血液の循環を増進し睡魔を除去することができます。

七  息災延命

お茶はアルカリ性で「飲むサラダ」と言われていて、毎日を元気で暮らせます。茶人には息災で長寿者が多いです。

八  天神随心

お茶を飲むときは心を落ち着かせ、無我無心で純真な心になりきることができます。このため天神の心に叶い随う心境になります。

九  諸天加護

一服のお茶は、楽しい語らいと家族や友人等との団欒の場を醸し出します。邪気邪念もなく、祈らずとも神仏の加護があります。

十  臨終不乱

お茶は昔から仙薬として愛飲され、心の平静を保ち天寿を全うできます。

※ 茶十徳の内容は諸説により異なるとされています。

お茶に求められる抗ウイルス性と精神安定

(詳しくは過去のブログ記事「今日から始める健康茶活~抹茶の効能~」に記載しています。)

カテキンの抗ウイルス性

茶カテキンとも呼ばれるお茶の渋みのもととなるタンニンの主成分であり、ポリフェノールの一種であります。カテキンの活性酵素除去や抗菌消臭効果は近年注目されました。殺菌効果を持つことから抗ウイルス性も期待可能です。

茶葉タンニンのカテキン類は冷水には難溶で熱湯などでは可溶であるため、その渋み成分の溶け出しには差があります。そのため直接的効果を期待する場合は粉末状の抹茶などを摂取することが効能効果の発揮には適していると思われます。

現在、世間を騒がす新型コロナウイルスに対する効果のほどは知り得ませんが、お茶の持つカテキン類は殺菌抗菌があることは研究により判明しているため、一定の効果は見込めると思われます。

お茶を定期的に摂取している人は風邪やウイルスから誘発される病気に罹りづらいとされています。

・抗酸化作用 ・血中コレステロールの上昇抑制 ・血圧 血糖値上昇抑制 ・抗アレルギー

・体脂肪蓄積抑制 ・抗菌 ・消臭 ・癌予防 ・抗ウイルス ・新陳代謝促進 ・美容効果

テアニンのリラックス効果

アミノ酸の一つで、お茶の旨味を引き立たせ形成する成分であります。心身ともにリラックスを感じさせてくれる効果もありますので、精神安定の一助となります。

心を穏やかにすること、平常心の一助として機能するはずであります。

・リラックス効果 ・精神安定 ・うつ症状の緩和 ・アロマテラピー効果

お茶が運んでくれる心の平常心

お茶の湯気とともに運ばれる香気成分には人の心を穏やかにしてくれる効果があります。

こんな時こそ世事に惑わされず心を穏やかにして喫茶することが平常の一歩となります。

豊かな心は平静により生まれます。人の心中に恐怖や惑いという大きな揺らめきが起こった時に人は他者に対しての思いやりを失ってしまいます。そして、他を思いやれなかった罪悪感は過ぎ去った時に到来するものでもあります。

「あぁ、あの時こうしてあげれば。あの時こうしていれば。」とする罪の意識にさいなまれない様に今こそ自分ばかりではなく、他人を思いやる行動と心がけが必要なのではないでしょうか。

今こそ茶人は茶の功徳をもち、行動すること求められます。それこそが誇りある茶世界の体現となり、礼儀の厚きことを旨とする茶世界の住人たる務めであるようにおもいます。

春は花 夏時鳥 秋は月 冬雪冴えて涼しかりけり

極々当たり前と思っている四季の中で、突然、春に冬が来るかもしれません。その時に慌てふためくことことなく「あぁ。そうか。そうか」とする心境が必要なのです。この世はどうなるか、この先のことは誰もわかりかねます。

しかし、常に平常心を是道としていると何も怖くもありません。

どうか自分だけ良ければいい。とする考えを持たないでください。そして、いついかなる時も他を思いやる「礼儀」を忘れないでください。

今お茶を飲めることに感謝して。御礼合掌。

春に冬雪冴え 夏に満月 秋に花 冬雪中飛び交う時鳥

これ面白き 是可笑しき 閑事かな

人間堪忍 これこれ笑えと茶服福

佐々木宗芯

top