ブログ

川端道喜「おいとぽい~可愛い~」

川端道喜 おいとぽい

「おいとぽい」これは宮中においての女官言葉「可愛い」を意味する愛らしいお菓子。

作り手は京都一と呼べるほどの歴史・500年ほど続く老舗お菓子屋さんである川端道喜さんであります。

1500年頃から歴史は始まりました。初代・川端道喜(渡辺進)は1503年室町時代後期の戦国時代により財政が困窮する朝廷のために武士をやめて、餅屋を営み始めたのが最初であると伝わります。困窮する朝廷を親子で憂い、毎日色々品物を献上するようになり、やがて塩餡を包んだ餅を毎朝献上するまでにいたります。その餅は「お朝物」と呼ばれ、後に「朝餉の儀」として形式化して、明治天皇が東京にお移りになるまで続きました。現在でも宮内庁からの注文は受けています。

「粽」はお店の名物として名高いです。

店の号である道喜は1572年に散髪入道した、渡辺進が居士名「道喜」を名乗ったことから始まりました。

御粽司 川端道喜

初代・道喜は国学や歌に秀たる人物であり、竹野紹鴎から茶の湯を習うほどの人物でもありました。彼は千利休との関係も深かったといわれています。二代目に代を譲った後も竹野紹鴎の門下で茶道を学び、千利休や大名の古田織部との親交を深めるなど、風流人としての晩年を過ごしたとされています。

歴史が深い川端道喜さんの通年販売のお菓子として存在する「おいとぽい」は宮中の女官言葉で「可愛い」を意味します。この愛らしい和三盆は強く存在をアピールするわけでもなく、ソッとした静かな顔を見せてくれます。味わいは小さいながらしっかり口全体に美味な甘さを広げ、抹茶との相性も良きにございます。そして金杯に「おいとぽい」を乗せても自己主張を激しくせず、他のお菓子との協調を見せてくれます。

第一回・第二回応援茶会~Festival of world sports~の表千家席でも川端道喜さんの「おいとぽい」を使わせていただきました。

現在は個別対応での注文は受けていないようでございますが、ありがたいことに私ども北茶と御縁をいただいております。

遠い昔、禁中を救ってくれた道喜さん、今道喜さんに先祖、家族共々感謝をして。御礼合掌。

可愛い 可愛い おいとぽい どちらも通ず愛らしさ

佐々木宗芯

top