ブログ

エッグに込められた想い「ロイズ」

 ロイズ チョコレートハントセット

昨日ある男の子の小学校卒業式を迎えるにあたり、着物と袴を所望してお母さん、お姉ちゃんとともに尋ねに参りました。

去年は茶道のお茶を飲んでみたいとする気持ちから来庵してくれた男の子でありましたが、凛々しく成長され、好日めでたく小学校卒業を迎える事、とても嬉しく、喜んでおります。

また、昨年と同様にお茶も飲みたいとするお気持ちを更に深められ、茶の湯スクールKITASAのご入学をしていただけることになり、初の生徒さんに皆で喜んでいます。

お茶が好きなこの男の子がここでなくとも茶道をどこかで稽古する日が来たら良いなと一人心中で昨年考えていましたが、時が合いましたようで嬉しゅうございます。

可愛いロイズチョコレートハントセットをいただき、フッと思ったことがあります。それは「啐啄同時」であります。雛が卵の殻を破って出ようとして鳴く声を啐、啄は母鳥がその我が子の幽かな声を聞き、殻をつつき割る音を申します。

子は自分の気持ちを素直に放ち、殻から出たいとする気持ちを湧き起こし声を発し、親は子供の幽かな声を聞き逃さず、きっかけとなるつつきを行い、ただ受け入れ外に促し、その同時の心の重なりにより両者幸あるものが開いてまいります。逆に好機を逃してしまうと死んでしまいます。良き兆しあれば、善は急げでございます。

お母さん、息子さんの息の合うもの、そしてより良き未来を男の子が一人少しづつ拓いていく兆しが感じられ、その過程に茶道や北茶がその一助として存在できることどこか不思議なご縁に思えます。

いただいたエッグのお菓子とご縁結びに。御礼合掌。

啐!鳴り 啄!突き 同時に卒 業に追われず花開く

佐々木宗芯

top