一般社団法人 北海道茶道文化振興協会

今月茶道具 JAPANESE TEA UTENSIL

萩焼茶碗 渡辺栄泉作

宗流庵の渡辺栄泉氏により焼かれた萩焼茶碗です。

手に持って上から茶碗の中をのぞき込んでみると、井戸の内部を見ているような深みがあります。

また、手触りも良く、その素朴で優しい土肌から包み込んでくれるような自然の温かさを感じます。

優しさを感じられる中、高台は割り高台になっており、そこは、ゴツゴツとした風合いでどこか荒々しく豪快です。

全体的に雅味のあるお茶碗となっています。

また、萩焼は「萩七変化」と言われるほど、使っていくほど表情が変化していきます。

その変化を見て感じられることも萩焼茶碗ならではの楽しみの一つだと思います。

今月の茶道具 202104
top